ウォーターボトルの処理の仕方

ウォーターサーバーのボトルというのは、処理の仕方が大きく分けて2種類あります。

1.空になったら、そのままつぶして捨てることができるもの

2.そして業者に回収してもらうもの

の2種類です。

ペットボトルはもちろんですが、その他白色トレイや、牛乳パックなど

リサイクルできるものは、我が家はすべてキレイに洗ってリサイクルに出しています。

その方がエコですから、ウォーターサーバーのボトルも、回収してリサイクルされているものを選んでいます。

ウォーターサーバーのお水は、

普段スーパーなどで購入するものよりもかなり大きいですから、

そのまま捨てる!というのも結構大変だと思うんです。

簡単につぶすことができるとはいっても、

お水をたくさん消費する家庭だったら、結構なゴミの量になってしまいますからね…

業者に回収してもらうシステムを

「リターナブルシステム」

といい、回収されてから洗浄などを済ませて、再びお水が詰められて使われます。

実は、

リターナブルシステムの方がお水の価格が安かったりするので、

ウォーターサーバーをお得に使うためにも、オススメなのです。

繰り返しボトルを使うといっても、もちろん衛生面には何の問題もありません。

よっぽど潔癖で気にされるという方でしたら、使い終わってすぐ捨てるタイプの方がいいのかも知れません。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます!

関連記事

NO IMAGE

冷水や温水が簡単に出るウォーターサーバー

NO IMAGE

ウォーターサーバーを設置するためには、それなりにスペースを空けておかないとダメ?...

NO IMAGE

ウォーターサーバーが自宅に来てからというもの、もうポットの出番はなくなりました。

NO IMAGE

ウォーターサーバーは、わざわざ水を買いに行く手間が省けて便利!

NO IMAGE

家電量販店で興味を持ったウォーターサーバー

NO IMAGE

東日本大震災の後、我が家ではウォーターサーバーを使用しています